• ストレスチェックとは何か

    2014年6月に厚生労働省の「労働衛生法の一部を改正する法律」が公布されたことに基づいて、事業所の従業員などの心理的な負担の程度を把握するための検査のことを言います。この法律によって2015年12月にストレスチェックと面接指導の実施などを事業所に義務づけることになりました。対象となる事業所の規模は、従業員が50人以上の全ての事業所で年に1回の実施が義務付けられています。

    これは従業員のメンタルヘルス対策の充実と強化を促そうとするための国の施策で、近年増えてきている仕事のストレスによる自殺者がなかなか減らないことと、うつ病や精神障害者の増加傾向が見られることが背景にあります。ストレスについては自覚をしていても仕事を続けていく上では自ら解消する方法を見つけなければなりませんでした。


    これをストレスチェックで客観的な視線から指定された項目をチェックするだけで、簡単にストレスの程度を判断できるようになりました。

    ストレスチェックに関する情報の一覧です。

    この検査でストレスが高いと判断された人や本人が希望する場合には、医師による面接指導を実施することや就業上での適切な措置を講じることが義務付けられています。



    従業員数が50人以下の事業所や個人でも簡単にストレスチェックを受けることができるサイトも増えてきており、中には少ない項目をチェックするだけで無料でストレスチェックを行うサイトもあります。



    ストレス対策ができていないと思っている人は「ストレスチェック」というキーワードを使って検索すると簡単に探すことができます。


    厚生労働省でも、働く人のメンタルヘルス不調や過重労働などに関する電話相談窓口「こころホットライン」を2015年9月から開設して心の悩みなどの相談を受け付けていますので、相談の結果によっては医師による面接指導を受けることなども助言してもらうことができます。

  • 身になる知識

    • ストレスは人知れず蓄積していくもので、気が付いた時にはうつ病を発症しているかもしれません。しかし、そんなストレスも早期のストレスチェックを行うことにより早期発見早期治療につなげることもできます。...

  • 医療の常識

    • 中小企業を中心として実施されているストレスチェックには、労働者が受けているストレスを数値として目に見える形にすることによってどの程度のストレスを受けているのか把握すると言う目的があります。ストレスとは目に見えないものであることや実際に受けている労働者本人にも自覚する事が難しいため、数値にして目にすることで自覚させる事ができるというところも大きな目的のひとつです。...

  • 大事な医療の事

    • 高ストレス者の判定は、ストレスチェックの質問票の点数が一定基準以上であるか、もしくは面接を実施してその結果をもとにメンタルヘルス上の問題があると判断された者となっています。心理的な負担による心身の自覚症状の項目が高いと、高ストレス者と判定されます。...

  • おすすめ情報

    • ストレスチェック制度とは、労働者を保護するためにできた制度であり、企業が労働者のメンタルヘルスケアをして、対策や支援をすることで、うつ病予防や自殺防止に繋がります。調べるにはチェックシートに記入や医師との面接などがあります。...