交通事故の慰謝料の相場はどれくらい?

交通事故の加害者になってしまった場合、事故の相手に慰謝料を支払うことになるケースは少なくありません。

そのときに困るのが、どれくらいが慰謝料として妥当かという点です。

相手の言うままですと、法外な金額を支払うことになりかねませんし、かといって、交通事故を起こしてしまったことは事実ですから、慰謝料を値切るというのも心情的には難しいところです。



こうした問題で悩んだときは、交通事故の問題に詳しい弁護士に相談するのがベストです。
弁護士には守秘義務がありますから、相談内容が他に漏れるということはありませんので、安心してどんなことでも話せます。



また、様々なケースの交通事故を取り扱ってきていますので、自分の事故のケースから慰謝料として妥当な金額についてアドバイスしてもらえます。

OKWaveを知りたいならご活用ください。

何より、事故の被害者と直接やり取りせずにすむというのは、精神的にかなり助かるものです。

もちろん、事故に関しての謝罪はしっかりと行うべきですが、相手が著しく高額な慰謝料を請求してきている、さらに金額の示談に応じないというような場合、直接の交渉は精神的に大きな負担になりますし、事故を起こしてしまったという引け目から結局、相手の要求を呑むしかなくなってしまうパターンもあるからです。


弁護士に代理人として間に入ってもらうことで、客観的な視点から話を進めてもらいやすくなり、双方にとって納得のいく結論が出せるようになります。
保険会社のなかには弁護士に無料で依頼できるプランが用意されているところもありますので、保険に加入する際はそうした点も参考にしてみると良いでしょう。